株式会社フランドル
代表取締役社長 栗田 貴史

メッセージ message

失敗を恐れず、変化を楽しめる仲間と共に

「伝統」と「変革」が共存できている会社――。フランドルをそんな会社にしたいと思っています。国内の工場と共に行う、良質で、上品で、ていねいなモノ作り。そして、おもてなしの心を尽くし、お客様に感動していただけるサービス。ジャパン・メイドの素晴らしさを伝えていくという「伝統」は、これからも変わらず持ち続けていたい。その一方、激しい競争の中で、自分たちがどんどん「変革」を遂げなければ生き残っていけない時代です。「お客様に選ばれ続ける存在であるために、自分自身が変わることを楽しめるかどうか」が、今後の成長の大きなポイントになります。たとえ不器用でも、前向きで情熱を感じられる人間がいい。安定じゃなく変化を求める人たちと一緒に、失敗を恐れずに挑戦していきたいですね。

ファッションが好き。人を喜ばせるのが好き

ファッションが好き。人を喜ばせるのが好き

私たちが仲間に求める必須条件が2つあります。それは「ファッションが好き」「人と接し、人を喜ばせるのが好き」ということです。一見華やかに思えるファッション業界ですが、決して楽な作業ばかりではありません。でも、ファッションが好きなら、そういった作業が苦にならないし、より良くするための創意工夫も生まれてきます。また、私たちは、非常にたくさんの人間と関わって仕事をします。販売スタッフはお客様、百貨店の方、同僚などと共に感動の空間を作っていく。企画スタッフは紡績、縫製、染物など、さまざまな工場と共に最高の製品を作っていく。挨拶、礼儀、笑顔は、私たちにとって非常に大事なものですし、「お客様や仲間のために何ができるだろうか?」と常に考え、観察し、気づける力も重要視します。

自ら進んで成長し、成果を出していく人を評価

また、ファッションというものは「自分をもっと高めたい」という欲と結びついていますから、「自分を高めたい」という思いの強い人に来てもらいたい。ですから、「自己投資ができる人間かどうか」という点も、フランドルの採用基準の1つです。販売のスキル、カラーコーディネートのスキル、お客様との関係構築のスキルなど、私たちの仕事に求められるスキルはたくさんあり、1つ1つがとても奥深いものです。例えば、ファッション誌に目を通して「こんなコーディネートの仕方もあるんだな」と研究したり、販売の現場で「先輩の販売の仕方はすごく上手だな。自分も真似してみよう」と取り入れたりする人と、それをまったくしない人とでは、わずか数年で大きな実力差がつきます。そして、自己投資をし、成長し、成果を出す人材の活躍を、フランドルではしっかりと評価していきます。このメッセージに共感してくれた方は、ぜひご応募ください。あなたと面接でお会いできる日を楽しみにしています。